動画制作の極意



動画制作

あるある失敗とその原因


長い

伝える優先順位を決めましたか?
細部まで説明しようとしてませんか?
余計なシーンは多くないですか?
他のメディア(紙媒体など)との棲み分けはできていますか?

わかりづらい

客観的な視点や視聴者目線を忘れてませんか?
専門用語が多すぎませんか?
テロップが多すぎませんか?
音声(言葉)がきちんと録れていますか?

見た目が悪い

印象に残らない


(仕上がりが悪い)


内容にあった撮影ができない(素材収集ができない、技術がない、センスがない)
カメラを動かし過ぎていませんか?(ズームやパーンの多用は禁物)
編集を考慮して撮影できましたか?
編集の経験値・技術力・ノウハウ・センスがない
デザインやトーン、カラー、文字の使い方や効果などの統一感を考えていますか?
音楽の付け過ぎ

外注の制作会社の選定が間違っていませんか?(低価格専門業者にクオリティーを求めることはできません)
低予算で制作会社に発注していませんか?(採算が採れないため、クオリティー維持ができない)
素材収集とこれをうまく料理するディレクターや制作スタッフがいますか?(ノウハウとセンスが問われる)
予算のかけ方が違う(どこに制作費をかけるのが効果的なのか検討できていない)

著作権・肖像権などの

リスク


映像や音楽、イラスト、写真などの「著作権」や映った人、建物などの「肖像権」を侵害してませんか?
フリー素材であっても活用方法によっては無料とは限らない
機密情報や個人情報が映っていませんか?

手間がかかる


撮影の収録時間が長すぎませんか?(多ければそれだけ編集の手間もかかるようになる)
目的に合った素材収集ができていますか(過去の素材、レンタル、写真、イラスト、資料等の素材収集には手間がかかる)
映像選びや確認のための時間は考慮していますか?

収録時間が長い弊害


(撮影・完成時間)

制作工程に多く影響を与えていませんか?

スタッフや出演者の時間拘束、撮影素材の確認と選択、素材を保存するための記憶媒体の容量、
編集ソフトでの読み出し書き出しの時間の増大…
完成時間が伸びると編集時間はもとより、ナレーションの収録、音楽をつけるなどの作業時間が増える
視聴時間やチェック・修正にかかる時間が増える
作業時間が増えることはコストアップを意味する

外注費がかかりすぎる

(予算と外注の関係)

品質に対して過剰な要求でコストアップしてませんか
シナリオ確定後、何回ものリテイク・修正をしてませんか
予算確定後、工数が増大する追加要求をしていませんか

完成時間が長くなっていませんか。

盛り込む内容や「いつ・誰に・何を・何のために伝えるのか」明確になっていますか
シナリオをチェックし権限者の許諾を得ていますか。
構成やシナリオ、撮影、ナレーション等を何回も差し戻していませんか。
シナリオから逸脱したチェックや修正に対して先祖返りをしていませんか。
構成やシナリオにないこと内容を撮影や編集で要求していませんか。

撮影の段取りが悪くありませんか。
撮影場所が多すぎませんか。撮影の移動時間を計算していますか。

シナリオやデザイン、CG、編集試写版を何案も提出させていませんか。(選択できないため。権限移譲ができていないため。)
テロップや図表などの文字が多すぎませんか。
アニメーションやCGを使い過ぎていませんか。
映像で表現できないものをイラストや図表、CGに置き換えていませんか。
映像に凝り過ぎていませんか・・・デザインやイメージに対し過剰な要求をしていませんか。
音楽に対して過剰な要求をしていませんか

出演者が多すぎませんか。

DVDメニューなどへの過剰な要求していませんか

これらは制作会社や外注業者にとってコストアップの要因となっています。

これらの失敗を解消するためには制作ノウハウとマネジメント力を持つことが必要です。

プロとアマの違い



プロ アマ
プリプロ段階 企画 経験値が多く、費用対効果で映像表現する内容を提案できる 採算性を度外視した企画を立案する傾向にある

構成 訴求内容を絞り、起承転結型やオムニバス型の構成や
見せる順番など、テーマにあった構成を提案できる。
てんこ盛り状態で内容過多。整理が付かず、無駄が多く、
見せる順番もしっくりしない傾向にある

シナリオ
(ナレーション)
ナレーション(解説など)でのメリハリのある文書表現(単文、リズム)と
映像マッチングを常にどうするか考えて作成できる。
映像部分は関係なしに、解説したい部分を文章化し、
長文、連文で映像とのマッチングが難しい傾向にある

スケジュール管理 無駄を排除した段取りで全体を管理し、短納期化を図ることができる。
工数や日数が多くかかってしまう。無駄も多い。

ブレーンワーク アイディアも経験も豊富な各セクションの専門スタッフが
プロジェクトチームを組み、常に品質を考えた制作を行うことができる。
映像知識の特定の人が行うため、作品の質が個人の能力で決まってしまう。

演出(監督) 映像表現手法にたけ、内容に即した演出技法で表現することができる。 経験値が不足しているため作品にまとまりがなかったりする傾向にある。
撮影段階 撮影技術 アングルや画角、サイズなど映像のフレームを作ること
カメラワークができ、表現が豊かなこと
くっきりと綺麗に撮影する技術、音声をとるため技術、
暗いところでとるための技術がある。
映像は撮影できるが音声がまともに録れなかったり、
暗かったり、ぶれたり、安定感のない映像になって
しまう傾向にある。

出演者 同じ動作を繰り返し行ったり、台詞を覚えて表現する。 同じ動作が難しく、台詞はぎこちなくなる。

制作進行 制作は現場をスムーズに進行させるための準備作業を常に
行い、タイムスケジュール通りに進めて行くことができる
時間まかせ、人任せになるので時間どおりに
終わらないことがある。
編集段階 編集 シナリオに合わせ、効率よく編集。
デザイン性を重視したり、効果を挿入したり、内容に合わせた表現ができる。
カットを大切にし、効果も意味合いを考えた使い方をする。
編集技術が伴わないため思ったような作品に
仕上がらない傾向にある。
効果が使えると何でも効果を入れてしまう傾向にある。
録音段階 MA ナレーションや、音楽効果の入れどころを検討し、
効果的な音声を制作することができる。
聞きやすい音声トラックが制作できる。
音楽や効果にメリハリがないものが多い。
ナレーションや台詞が聞きづらいものが多い。

ナレーター 意味を伝える、訴求ポイントが伝えることや情緒的な表現もできる
わかりやすい日本語表現ができる。
ぎこちない語り口、わかりずらい日本語になる傾向に
ある。

プロの知識・経験値を活用することで制作のクオリティーが上がる

費用対効果、スケジュール管理等のマネジメントで制作がスムーズになる


シナリオ制作・撮影・編集フロー


企画、ライター、プロデューサーやディレクター、制作進行はこれだけの工程管理を行っています。

制作スタッフの拘束日数と制作コストがかかる理由がここにあります。


シナリオ制作フロー

撮影フロー

編集フロー


1.依頼・お打合せ

2.資料収集

3.調査・シナリオハンティング
(事前取材・事前インタビューなどを実施)

4.構成案・演出プラン作成
(企画コンテが必要な場合は作成)

5.構成に合わせ予算案・スケジュール案を作成


6.構成打合せ・検討・方向性確認

(予算に応じたプラン・制作規模・訴求項目の検討)


7.追加資料・調査・シナハン


8.取材先・撮影場所・出演者候補などの検討


9.シナリオ作成


10.シナリオ第一稿提出・検討


11.シナリオ修正


12.シナリオ第2稿(修正稿)提出・検討


13.シナリオ修正・調整


14.シナリオ決定


































1.シナリオ決定


2.スタッフ編成・制作スケジュール決定


3.制作打合せ


4.演出プラン作成・撮影台本作成


5.出演者選定・オーディション


6.ロケハン・撮影場所の

 選定・撮影先との交渉や調整


7.撮影許可申請・レンタル申請


8.撮影台本調整、

 カット割り、映像構成作成


9.撮影香盤・撮影スケジュール作成


10.セットや小道具や衣装、

  美術品、フリップなどの手配


11.撮影打合せ・チェック・最終確認


12.出演者(マネージャー)との打合せ


13.セット等の建て込み・小道具、

  舞台設定に必要なものを搬入


14.撮影(監督・現場進行管理・スタッフや

  出演者ケア・交渉・調整等含む)


15.収録チェック(収録もれチェック、

  不都合があればリテイク等を考察・実行)


16.撮影場所の現状回復


17.利用施設の清算

 ↓

18.レンタル品、小道具の返却、セットのバラシ


19.確認・チェック・終了




1.編集シナリオ決定

2.素材作成・収集

 (撮影・アリネガ・写真・イラスト・CG等)


3.素材のPCへの取り込み(デジタイズ)


4.シナリオに沿って素材を抽出

 (OKカットを抜き出し、コメントのリライト・抽出)


5.仮ナレーション収録

 (ナレーションがある場合)


6.シナリオ通りに映像を並べる(仮編集)


7.映像構成の全体チェック(構成やコメント内容、

 長さなどの検討、台本修正)


8.本編集(カットの過不足、コメント調整、

 構成順番の入れ替えなど)


9.タイトル編集

 (スーパーテロップ、イラスト、CG等を加える)


10.特殊効果編集

 (VFXやCG、特殊効果を加える)


11.試写・打合せ・検討


12.修正編集(最終的な編集・技術的な修正等)

 ナレーション台本作成(修正)


13.音楽・効果の打合せ・仕込み


14.MA(ナレーション収録・音楽・

  効果編集・MIX整音等)マスター完成


15.完成試写


16.メディア変換

 (ブルーレイ、DVD、MP4などへのデータ変換)


17.メディア複製


18.納品


同時並行で各工程が進行しますので、多少順番が前後したりすることがあります。


撮影と編集の関係


ドラマ仕立て


●制作の中でも最も難易度が高く、シナリオや構成力が問われる。

 スタッフの能力やセンス、ノウハウや総合的な制作能力が問われる

●事前準備や事前調査・取材が必要となり、

 撮影機材やスタッフを大量投入するため、プロジェクト管理能力が欠かせない

●撮影に時間がかかり、撮影の段階でクオリティーが決まるので、

 後での修正ができない。(映像1〜2分のシーンで1時間程度必要)

●編集はドラマシーンだけであれば、OKカットの抜き出しとカットの調整等のみで

 編集時間は他の仕立てよりかからない。

 ただし、撮影段階で失敗している場合には編集時間が長くなってしまう。

ドキュメンタリー(インタビュー・取材)仕立て


●取材前の調査が必要になったり、収録素材の中から

 必要場面を抜き出す構成力が必要となり、制作難易度は高い。

●撮影は必要最小人数で行うことができるが、取材先と事前の調整が必要となり、

 その事象が撮影できるまで、時間や日数が必要になる。

●撮影時間が伸びれば伸びるほど編集時間が長くなっていく。

 撮影に費用がかからなくても編集に費用がかかるようになる。

●インタビューの場合、もっとも費用がかかるのが内容の抽出と分析。

 書き起こし等の手間や映像抽出に時間がかかり、編集時間がどの仕立てよりも長くなる。

キャスターや講師の解説仕立て


●キャスターや講師が解説するシナリオ原稿が出来上がっていれば制作難易度は低くなる。

●出演者の人選に失敗すると撮影時間が長くなり品質も悪くなる

 (長文の場合、覚えることは難しくなるのでシナリオ等作成時に注意が必要)

●スタジオ等の撮影場所の確保、プロンプタ-等の撮影以外の機材、スタイリスト、

 メイク等のスタッフが必要になるため、撮影コストはかかる。

●映像だけの(スーパーや説明図の加工がない)編集は

シナリオ通りにOKカットを並べていくので編集時間は他の仕立てよりかからない。

スパーテロップ(文字)や説明図の編集


●仕立てによっては基本編集部分よりも文字や図表を挿入する方が

 編集時間は長くなる。

●単純な説明用の文字を挿入する、説明図を加工して挿入する、

 挿入箇所が増えれば増えるほど編集時間もコストもかかるようになる。

●文字を動かしたり、特殊効果をつけたり、デザイン感覚が必要となる場合、

 デザインやCGイラスト等を素材として作成することになるので追加予算が必要。

特殊効果編集


●視覚的にデザイン的にかっこいい編集。この編集に時間とコストがかかる。

 (既製品やパターン化されたものを利用する場合は多少、時間コストを抑えることができる)

●人物等の合成をする場合、合成する素材との関係を把握して撮影することが必要となる。

●VFX等の合成技術を使ったものは準備、素材作成、撮影等に時間がかかる

●仕上がった特殊効果素材を基本編集部分にマッチングする時間がかかる

ナレーション部分の映像編集


●撮影素材、イラスト、CG、図表、写真等の素材収集ができていれば

 シナリオに合わせて編集する(通常編集)

●仮ナレーションを先に入れて編集をしていくので一手間かかる。

●文字やデザインや効果等に凝れば、編集時間もコストもかかることになる。

●ナレーションを収録するため、スタジオ費やナレーター費、音楽効果費がかかる。

音楽効果(選曲)編集


●映像に欠かせない音楽効果は使用素材によりコストが変わる。

●基本的には選曲家の基本人件費+曲数でコストを計算する。時間も多少必要になる。

●選曲した音楽や効果を映像とマッチングさせるための仕上げ費(編集・MA費)が必要となる。

個人依存型(ローコスト)制作とブレインワーク型制作の違い


個人依存型(ローコスト)制作


イージーオーダーや吊るしの洋服感覚の制作で工数をかけない大量生産方式で

専門家やクリエイティビティーをなるべく排除し、カメラと編集ソフトさえ扱えれば、

誰でも制作できる体制で行う制作会社が増えています。


ローコスト制作はテンプレートやアリ素材を活用して制作するためオリジナル性に乏しく、

お客様の思った映像にならないケースがある。

チェックの目を持たないため完成度がどうしても低くなりがちで、

カスタマイズすると追加の予算が発生するケースが多い。


●ローコスト制作は、個人の能力に依存するために、制作に限界がある。

 能力次第では、制作難易度や要求事項が高くなればなるほど制作は難しくなってくる。

 中には「完成しない」「使い物にならない」といった事態が発生する場合がある。


●制作物によっては得て不得手があり客観性やクリエイティブ性も個人の感覚に依存するため

 期待品質に高めるためにはコントロールが必要となる。


●個人で行っている場合、リレーションと信用がない限り、

 出演者、撮影場所の手配、スタジオのレンタル、スタフィングが難しい場合がある。


●品質を求めずに、作業者としてコントロールすれのであれば、ローコストで映像制作が可能になる。

 台本の提供、撮影カットの指定、コピーやナレーション、インタビューの抽出などを提供して

 制作を行う場合や記録映像などに有効的となる。


●制作スケジュールの調整や修正対応が個人のスケジュールに依存するため難しいケースが出てくる。


●ローコスト専門業者は当初コストはリーズナブルな最低予算からスタート、実際に制作してみると

 追加、追加で結果的にがコスト高になる可能性もある。


ブレインワーク型制作


フルオーダーメイド感覚の制作体制で

クリエイティビティーを活かしの多様化するお客様のニーズにお応えする。

クオリティーと予算をマッチングさせたオリジナル映像を提供する。

企画段階からブレインを活用しプロセス毎にチェックを行い完成させていく。


●映像制作は総合芸術ともいわれる分野。クリエイティブな作業環境でものづくりをすることが必要。

 専門の個が集められチームとなることで、一つの作品を創造する。

 人脈(リレーション)やコミュニケーションが必要となり、コストもかかる。


●様々なブレインの制作ノウハウ、知恵、経験が活かせれるとともに、

 客観的に映像を制作するとともにクオリティーを管理することができる。


●時代ニーズに合った、新しい技術提供やアイディアを提供することができる。


●それぞれの専門スタッフがプロの目で判断することで、技術や品質、内容に至るまでチェック機能が働く。


●作品に応じたブレイン、スタッフの選出を行い、

 作品にあったチーム編成で制作を行うことができる。


●大勢のスタッフとの調整や制作期間が必要となるため

 しっかりとした企画立案と制作マネジメントが必要となる。

映像制作TIPSは、徒然なるままにFACEBOOKに投稿中!





制作のポイント(資料)

役立つ動画コンテンツづくり その1教育動画コンテンツの多様化役立つ動画コンテンツづくり その2役立つ動画コンテンツづくり その3役立つ動画コンテンツづくり その4役立つ動画コンテンツづくり その5動画制作 内製化支援動画制作内製化のメリット・デメリット内製化のポイント 1)制作目的を絞る内製化のポイント 2)仕上がりイメージを具体化する内製化のポイント 3)ワークの分担やスケジュールを考える制作基本フロー内製化のポイント 4)制作コストの構成を知る内製化のポイント 5)制作コストの算出ローコスト制作の考え方キューシードの制作コンセプト


(クリックすると拡大します)